Facebookから浮気を見つける方法 - SNSからわかる浮気

SNSからわかる浮気 > Facebookから浮気を見つける方法

Facebookから浮気を見つける方法

利用者数の数は減ってきているとはいうものの、それでもFacebookの国内利用者数は2400万人近くに及びます。
単純計算でいくと6人に1人が利用していることになり、それこそパートナーや浮気相手が使っていても不思議ではありません。
でも見方を変えるとFacebookから浮気の証拠を掴むことが出来、現に発覚したという事例も数多く寄せられています。

Facebookで浮気をしているかどうかを探るには、まず「友達申請」をしてみましょう。
相手と友達になれば、自然と相手と繋がっている人達がリコメンドされます。
これだけでも2400万人の候補者の中から、かなり数は絞られる筈です。

もちろんFacebookの更新内容も、要チェックです。
つながっているのであれば何らかの形でコメントがあったり、「いいね!」が押されているかと思います。
特に「いいね!」は、浮気をしているかどうかを見破る上で格好のツールとなります。
何でも無い記事に「いいね!」をしている方がおり、その人のページをチェックすると浮気が発覚したという話もあるほどです。
パートナーは絶対にバレないようにと警戒を強めており、自身のFacebookページでも注意を払っています。
でも浮気相手のページまでは注意が及ばないようで、正々堂々と浮気の証拠となる画像を掲載している場合があります。

そしてアルバムも、浮気判断の材料となります。
当たり障りのない画像ばかりになっているかもしれませんが、"当たり障りのない画像"こそ浮気をしている何よりの証拠と言えるでしょう。
画像に映し出されている看板や街並みで、何時何処に出かけたのかは分かります。
それこそインターネットの地図検索を使えば、かなりピンポイントまで絞れるでしょう。
場所と日時を特定したのならば、浮気相手も同じ日同じ場所に行っていたかどうかをチェックします。
そして同じ日同じ場所に出かけたと分かれば、ほぼ"クロ"と見て間違いはありません。