探偵に浮気調査を頼む時は - SNSからわかる浮気

SNSからわかる浮気 > 探偵に浮気調査を頼む時は

探偵に浮気調査を頼む時は

パートナーが浮気をしていると感じたのならば、探偵に頼み徹底的に追求したいものです。
しかし闇雲に怪しいという理由だけでは、探偵は動いてくれません。
仮に動いてくれたとしても、費用が余計にかかるだけです。
では効率よく調べてもらい費用を抑えるには、どうすれば良いのでしょうか。

探偵の料金形態は探偵社にもよりますが、ほとんどは時間制となっています。
つまり調査時間が長引けば長引くほど、費用はかかり証拠も中々掴みづらくなってしまいます。
でもある程度の情報が分かれば調査時間も短縮されて費用も少なく済み、更には言い逃れが出来ない証拠も手に入るでしょう。

その為にもまずは、パートナーに関する情報です。パートナーの顔写真や名前・勤め先・普段から車を使っているのならば、車種やナンバーも伝えておきます。
出来るのならば行動パターンも伝えておくことで、調査時間をある程度絞れるでしょう。
よく通っているお店が分かれば、浮気の証拠もガッツリつかめる筈です。
もちろんSNSも、十分な材料になります。
SNSを通じて相手と会う約束をしているのならば、スクリーンショットを撮って提出します。
後は約束した相手が浮気の相手かどうかを探偵に確認してもらうだけで良いので、短時間でかなりのことが分かるかと思います。

ただ変に出てしまうと、相手に気づかれてしまう恐れがあるので要注意です。
寧ろ何を探っていたのかと問い詰められてしまい、ガードもより固くなるでしょう。
またガードが固くなるばかりか問題はより深刻になり、取り返しのつかない事態を招いてしまう恐れがあります。
情報を集める際には、無理の無い範囲内に留めておくようにして下さい。

そして最も重要なことは、浮気をしたパートナーに何をして欲しいのかです。
真実を話してほしいのか、または頭を下げて謝って欲しいのかを明確にします。
ゴールが予め分かっているのならば、後は楽なものです。
それが出来れば追求する際にも、上手く進むかと思います。